教師への道~the way to the teacher~

教員免許もないくせにサラリーマンを1年で退職して高校教師を目指す現在進行型ブログ。 会社勤めに嫌気が指した人必見!

 
プブログ
プロフィール

闇のGTO

Author:闇のGTO
新卒で去年就職、今年もう退職!
一念発起で教師を目指す!
教師になりたい方
会社をやめたい方必見!!

やふー

バイク買い取り【ラッキーオート】

422br
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月18日

府知事

17日に行なわれた府内43市町村の首長に対しての意見交換会。
橋本知事がついに涙したのは記憶に新しい。

「泣いては議論にならない」
との声もあったが、果たしてなぜ涙する次第となったのか。
今回の意見交換会で、橋本知事はひたすら予算削減を各首長にたいしてお願いしていた。
なんと78億円もの予算の削減をするという。
橋本知事の気持ちもよくわかる。
はじめ、橋本氏は知事になるつもりはなかったわけだが、蓋を開けてみれば知事職に就いた
わけである。
大阪府の現状を見た知事は、どげんかせんといかん、と奮い立ったのであろう。
まずは無駄な支出の削減を掲げようとしたのであろう。
その点に関しては問題ないとおもう。
事実、役所関係は民間と違い、かなりルーズな支出をする。
雑な言い方をすればどんぶり勘定なのである。
やや多めに予算を計上し、余った予算はなんとかして使い切る。
そういった会計をしているところが非常に多い。
農業のある栽培方法ではないが、水(お金)はあげ過ぎるよりは、やや少ないくらいの
水の量のほうが作物はよく育つのだ。
しかし、なあなあの昔からの議員では水をぎりぎりまで減らそうという考えはないのである。

そこで橋本氏は、各首長に頭を下げ、涙してまで予算の削減をお願いしている。
しかし、今度は逆の立場から、つまり各首長からの視点で考えてみる。
いままで長きにわたり古臭い政治をしてきた各首長たち。
突然当選した30代の、しかも政治経験のない若造。
聞くところによると元は芸能人と言うじゃないか(正確には違うが)。
そんなペーペーが、しかも予算の使い道も決めた今、突然削減しろっていっても無理だよ。
そんな声がいやでも想像できる。

橋本氏も、主張は間違っていなかったが、手段がすこし悪かったのではないだろうか。
突然理論を押し付けられても現場はなかなか動けないし付いて来ない。
宮崎県知事のように、まずは行動で示す。
つまり、支出をへらせ!と頭ごなしにいうまえに、自らのパーソナリティを利用して
収入を増加させ、それから支出の削減をお願いするべきであろう。
そうでなければ、世間一般の「オジサン」よりさらに頭の固い議員を説得するのは
難しいのではないだろうか。
小泉元首相に改革の教えを請うより、宮崎県知事にアピールの仕方を請うべきであると
私は思う。

スポンサーサイト

FC2ブログランキング
ブログランキング

もしよければクリック! ブログのランキング★アクセスが増えるブログランキング登場!!

おすすめリンクgum

ブログ検索

2/3



オススメリンクgum 422

pb0111

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。