教師への道~the way to the teacher~

教員免許もないくせにサラリーマンを1年で退職して高校教師を目指す現在進行型ブログ。 会社勤めに嫌気が指した人必見!

 
プブログ
プロフィール

闇のGTO

Author:闇のGTO
新卒で去年就職、今年もう退職!
一念発起で教師を目指す!
教師になりたい方
会社をやめたい方必見!!

やふー

バイク買い取り【ラッキーオート】

422br
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月16日

命のたべかた

みなさんは、「食べ物」について考えたことはありますか?
飽食の日本。
あまり深く考えたことはないのではないでしょうか?
さて、「食べ物」とは何でしょうか?
「食べ物」とは、ズバリ「生き物」です。
魚、肉をはじめとして、野菜、お米など。
他にも醤油だって元は大豆という命ある生き物。
と言うように、人間は他の生き物の命をもらって生きています。

そんなことないわ、私はベジタリアン。動物を殺して生きながらえたくない。
というかたもいます。
でもそれは人間のエゴではないでしょうか?
温血の動物はかわいそうだから殺さない。
動かない植物なら食べてもいいというのは私は間違っていると思います。
だったら何も食べるな、といいたいわけではありません。
なにを食べる時にしても、その命を提供してくれた生き物に対して感謝を
しながら食べるべきだと思うのです。

そのためには、命が皆さんの口にはいるまで、どういう道のりをたどっているかを
しっかり知るべきではないでしょうか?
野菜など、植物や魚は比較的もとの「命」のカタチを保っていますが、
スーパーのパック入りの肉をみて「命」を感じるのは難しいと思います。

「いのちの食べ方」
という映画があります。
昨年上映されたのですが、比較的小さな映画館でのみの上映でした。
ですが、話題が話題を呼び、今でも場所によっては再上映も始まりました。
内容は、食肉が屠畜されてからパック詰めされるまでのドキュメンタリー。
ですが、内容は非常に超現実的でまた非常にショッキングでもあります。
「血」が苦手な方は見ないほうがいいほどグロテスクな映像ですが、
これは紛れもない日常なのです。

これを見て、やはりかわいそうだからベジタリアンになろう、と決断するのも
結構でしょう。
しかし、だからといって植物を殺していい言い訳にはならないと思います。
すべての「命」に感謝しながら食べることが大事なんだと思います。

飽食飽食と意味無く騒ぎ立てるより、こういった教育をすれば、もうすこし
無駄な廃棄食品は減るのではないでしょうか?
興味のある方はぜひご覧ください。

スポンサーサイト

FC2ブログランキング
ブログランキング

もしよければクリック! ブログのランキング★アクセスが増えるブログランキング登場!!

おすすめリンクgum

ブログ検索

2/3



オススメリンクgum 422

pb0111

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。